蛇口の修理 初級編

蛇口の水漏れ気になりますか?

蛇口をバラしてみました 〜初級編〜

○ 蛇口のハンドルを力いっぱい閉めているのにぽちょぽちょ水が出る

 

○ 蛇口を開けるとハンドルの根元辺りから水が漏れている

 

こんな状況結構ありますよね。

しかもこの問題は特別水道料金が上がるわけでもなし、

自分が我慢すれば別にそのままでもいいや。と思ってしまう方も多いと思います。

 

この修理は水道屋でなくともホームセンターで売っている材料を使えば、簡単に出来ます。

水道屋に頼むと出張料をどうしても頂くことになるので高くついてしまいます。

 

ここでは蛇口の修理の仕方を写真付で紹介します。

※作業は自己責任で、不安な方は水道屋に頼みましょう。

  むろんカトウ設備工業でも承ってますのでお気軽にご連絡ください。

では早速

蛇口バラシ前

世の中に一番出回っている蛇口です。

このタイプ以外にも洗面台や浴室などで水と湯が別々になっているタイプは同じ方法で修理できます。

こういうタイプのも

混合栓

修理にあたっては水道を止める必要があります。

洗面台やキッチンなどは止水栓と呼ばれる蛇口みたいな形のものが

戸の中にあったりしてここでも止めることは出来るのですが、

 

市水道の家庭では水道メーターで、

井戸水の家庭では井戸ポンプで止めてしまいましょう。

 

この段階で何を言っているのかわからない場合は水道屋に頼みましょう。

 

ハンドルはずし

ハンドル

まずハンドルをはずします。

まぁはずさなくても出来るのですが、2ハンドルタイプの上の写真のような蛇口ははずさないと作業できません。

細いマイナスドライバーで上のカバーをはずし、プラスドライバーで中のネジをはずせばOKです

更にばらします

ロックナット

次にロックナットを外します。

ここから水漏れしている場合も多いです。

 

外す前に!

もう一度水道が止まっていることを確認してください!

ところでこのロックナット、写真ではモンキーレンチを使ってますが、

手でも回せるくらいゆるい場合もあります。

というのもこの

ロックナットはあまり締め付けるとハンドルが固くなる

、という構造になっており、

絶妙な締め具合で取り付ける必要があります。

 

外して元に戻す場合も手で締めれば十分で

水が漏れないギリギリのところを見極める

のが難しいのですがほとんどの場合、手締めで十分です。

こんなことに

暴発
水道を止めずに外すとこの写真のようになります。
これはまだ手前のバルブで水量を調整しているのでこの程度ですが、全開の場合、天井まで届くほどの水が出てきます。(恐くて出来ません)

三角パッキン

三角パッキン

さてこのロックナットを外すと中に(あるいは蛇口側に)分厚いパッキンが入っています。

ロックナット部分から水漏れしている場合、このパッキンを交換すれば直ります。

三角パッキンという部品です。金属製のワッシャーも一緒に変えてください。

スピンドル

スピンドル

次にスピンドルを外します。

しつこいようですがもう一度、

水道は止まっていますか?

先の手順で外したハンドルをつけて、蛇口を開ける要領でまわすと簡単に外れます。

こいつが原因

ケレップ

スピンドルを外すと中に何か入っていると思います。

これは我々はケレップと呼んでいますが、ホームセンター等では”水栓こま”という名前で売られています。

ケレップでは通じないかもしれません。なぜケレップと呼ぶかは・・・知りません。

 

これをラジオペンチで外します。

蛇口の中に置いてあるだけのような感じなので引っ張ればとれます。

これを新品に換えれば漏れが止まります。

 

比べてみると

ケレップ

さて新しいケレップに変えるわけですが、

新しいのを入れる前に蛇口の中もウエスやワイヤーブラシ等で綺麗にしたほうが良いです。

ゴミが挟まっていて閉まりきらないということがたまにあります。

 

 ちなみにあまりにも古い蛇口の場合、ケレップを変えても直らないことがあります。

 

この場合、カトウ設備工業では蛇口の交換をお奨めしています。

 なお、蛇口の交換に関しては水道屋に頼んだほうが良いです。

下手をすると配管が折れてしまったり、漏水の原因にもなります。